訪問看護の職場を知る

すまいる訪問看護リハビリステーションではスタッフを募集中です!
地域の見守り医療、救急医療体制の充実に貢献するため、働きやすい環境づくりとスタッフ、職種間を縮められる楽しいイベント、研修、行事を充実させています。
IMG_2717_trim
笑顔があふれる職場です!

先輩スタッフの声を聞く

IMG_2717_trim_5
お客様、私自身ともに「あなたに会えてよかった」って思える喜び一瞬一瞬を働く上で大切にしています。

<スタッフページを見る!>
IMG_2717_trim_4
いつも笑顔と癒しを心がけて頑張っています!
IMG_2717_trim_3
初心者でもこの笑顔で頑張ってやっています。一緒に働く仲間をまってまーす!

働くシーンのご紹介♪

IMG_3122_R
今日はこれから同行訪問です♪
IMG_3123_R
朝の空気を吸って充電完了
IMG_3125_R
無事故・無違反、安全運転で!
IMG_3129_R
いってきま~す。
IMG_3134_R
訪問バッグの中身見せちゃいます。
IMG_3137_R
血圧計や聴診器いろいろ入ってます。
IMG_3141_R
3台すべて電動自転車!
IMG_3140_R
坂道だって楽々です♪
IMG_3142_R
働く場所はこちらです。
IMG_3057_R1
職場はいつもわきあいあい♪
IMG_2717_trim
看護師メンバー
IMG_3157_R
お昼タイム♪
IMG_3160_R
ミーティングはなごやか+きびきびと。
IMG_3165_R
出発前はしっかり準備!

笑顔が素敵な訪問看護者育成のスタートアッププログラム

01

未経験者でも大丈夫です!楽しくわきあいあいと働くためにはスタッフのスキルアップは欠かせません。すまいる訪問看護リハビリステーションの教育制度を知っていただくためのポイントを整理してみました。
01

新卒で訪問看護の分野で働く方は少ない昨今、訪問看護ステーションで働く看護師のほとんどは病院やクリニックから転職された方です。
在宅医療や在宅ケアに必要な保健医療福祉分野のことなど全く未知の体験と受け止めている人ばかりです。
病院以外の場所、自分の責任とスキルをアップさせていくための不安がとてもステーションの教育内容や現場指導に反映できているかがとても重要になります。
01

 最初は、利用者の疾患やケア内容などの情報を把握してから、先輩看護師に同行する形で、利用者宅を訪問します。そして、挨拶から日常会話、相談の応じ方など先輩のコミュニケーションの取り方を勉強したり、ケアに必要な物品の準備・片付け、利用者に変化が見られたときの対応方法など、病棟勤務と違う点を理解するようにします。
 ここで大事なのは、必ず、ご本人様ならびにご家族様の了解を得て、入室から場所や物をお借りすることをしっかりと接遇できるようになることです。病院施設と違い、共有のものはないのです。「了解」が常です。
01

 利用者宅を先輩と同行する点は同じですが、今度は新人自身が中心となって、利用者・家族とコミュニケーションを取り、必要なケアを行います。
「病状は前回に比べてどうなのか」、「生活に影響のある出来事はなかったか」など利用者に関する情報を自然な会話の中から得られるようになるには、それなりなコツが必要になりますが、様々な先輩の経験的なフォローもありますので、安心してください。しっかりと見て、学び、次の訪問時に経験を活かせるようにできれば◎です。
01

先輩付の訪問でしっかりと基本ができあがったならば、いよいよ一人で訪問することになります。
訪問前は、持参する物品を選んで用意するだけでなく、前回の訪問から変化していると予測されること、緊急時の連絡相手・連絡先なども把握しておきます。
同行訪問では見られなかったハプニングが起きることも考えられますので、過去の事例などを先輩や管理者から確認しておくことも大切です。
01

訪問看護の場合、利用者の生活状況や求められるケアの内容が異なってきますので、まずはご自身が担当する利用者の訪問に慣れることが大切です。また、主治医やケアマネージャーなどの関係者との繋がりを作っていくことも求められます。
日々の訪問で気になった情報を速やかにご家族様やケアマネジャーや主治医へ報告連絡相談をすることで、在宅での生活が安全に健やかに継続することができます。
職種の違う人同士の背景を理解し、いかに、コミュニケーションを円滑に行うかが重要です。
01

print
<実際の場面>2日前にご逝去された利用者様のデスケースカンファレンスの場面


最初の半年は、「看取りのケア」、「在宅リハビリテーション」など実践で活用できる技術のほか、「訪問看護師の役割」、「ケアマネジメント」、「社会保障制度」、「診療報酬と介護報酬」などの概論を勉強します。例として、デスケースカンファレンスなどは、在宅では看取ることは、その人の生活の終焉でもあり、スタッフとしてのバーンアウトを防ぐためにも定期的に行います。
01

オープンして間もないすまいる訪問看護リハビリステーションですが、自前の研修プログラムがさほど充実していない部分を補うために、都道府県の看護協会や日本訪問看護振興財団、全国訪問看護事業協会などが行っている研修に参加を率先して勧めています。実際に、訪問看護基礎研修などを通して、訪問看護の基礎的な実践能力の向上を目指します。
また、介護分野での共通する嚥下訓練に関する食事内容の検討のための栄養補助食品のメーカーや、排泄ケアの物品のメーカーに依頼した集合研修、デイサービスでの看護業務研修などを行っています。

スタッフ募集のお問合せ

045-260-6627 受付時間9:00~18:00(土日・祝日を除く)
(ホームページを見たとお問合せ時にお伝えください。)